やけどに注意して使用する

Vライントリマーは電熱線で毛を焼く方法で、そのためカットされた部分桶先はカミソリに比べ丸みを帯びチクチクしにくく、不快感が抑えられます。
処理した池を数本つまみ、電熱線を当たるだけでとても手軽で、電池式でポーチに入れられるので、いざといったときも便利。
電熱線で毛を焼き切るため場合によっては毛を焼く匂いや、煙が上がったり師します。そして毛質によりますが、一度に数本〜10本程度少量ずつしかカットできず処理に時間がかかります。
毛が硬い方は、カットした当日ショーツから何本かとび出すことがありますから、2,3日前の手入れがいいでしょう。
処理した毛を数本つまみ、上絵引っ張りましょう。自分の好きな長さのところにヴェライントリマーの電熱線部を当てて、スイッチを入れ数秒すればカットできます。
使い方は簡単ですが、一度に処理できるのは毛質により異なって、多くて10本です。硬い毛質なら、これより少ない本数初夏処理できず、無理にたくさん処理しようとしないで、多少時間がかかることは覚悟しましょう。
Vライントリマーは水気を嫌い、アンダーヘアがぬれた状態での使用、入浴中の使用は故障の原因になり、感電の恐れがありますから、避けてください。
そしてカットする時毛の長さができるだけ短くしようと肌にコーム部分を添わせつかってみれば、熱を帯びてることがあり、やけどをする危険がありますから注意しましょう。
やけどに注意して使用する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です